チューリング不完全

What are you afraid of? All you have to do is try.

ISUCON6予選 TOPで敗退するまでの道のり

お前はもう──デキル ISUCON スタイルを身につけたか? pic.twitter.com/W1hriXSYFh— supermomonga (@supermomonga) 2016年9月18日 supermomonga(@supermomonga), aomoriringo(@aomoriringo), purintai(@specepro_be)の3人でISUCON6に出場しました。 チーム名…

作業用BGM(現代音楽編)

この記事は作業用BGM Advent Calendar 2015 15日目の記事です。普段は現代音楽とテクノミュージックを中心に聞いています。 現代音楽が好きなのでたびたび人に薦めるのですが、その度にドン引きされてしまいます。 「作業用BGM Advent Calendar」というのを…

いらすとやの奇妙な冒険 第1話

いらすとや Advent Calendar 2015 7日目ドッギャァ~ン 『血は生命なり!』 ドッガァ! ブシューッ 美女の返り血はこの石仮面にある無数の細かいヒビに吸い込まれていく! 仮面は生き血を吸って動き出したッ! 侵略者ディオの巻ビンビン ビンビン ドスッ ド…

Vimで任意精度整数演算ができるライブラリを作った

vim-jp/vital.vimgithub.comvital.vimに「Data.BigNum」という名称でmergeされました。 vital.vimを入れればお使いいただけます。 なぜVimで Vim scriptでProject Eulerを解こうと思ったのがきっかけでした。 Project Eulerを順に解いていくと、3問目に1つの…

インフラエンジニアがプレイするべきゲーム「Papers, Please」

プレイしたゲームがあまりにも自分の仕事内容を思い起こさせるものだったのでご紹介します。 (実はゲームをプレイしてこういう記事を書こうかな、と思ってから1年位経ってる) 今回ご紹介するのは「Papers, Please」というゲームで、Steamで980円で購入するこ…

渦巻きの座標を返す関数

uzumaki探したけど意外にもなかったので作りました。 下図のような渦巻状の座標を返します。 16 15 14 13 12 17 4 3 2 11 18 5 0 1 10 19 6 7 8 9 20 21 22 23 24

VimConf 2014への参加とコミュニティの関係性について思ったこと

VimConf 2014に参加してきました。今回の会場はmixiさん。最後の方はピザを取りにいくお手伝いをしていたために全ての発表を聞くことはできませんでしたが、ほとんどについては拝聴して楽しませて頂きました。以下、特に気になった発表について書きます。 気…

PuTTY設定覚書

WindowsからPuTTYを使ってCentOSにログインし、ログイン先ではtmuxを使用している。 主に使用しているエディタはvim。 tmuxはtmux.conf、vimはvimrcをgithubにあげているからよいのだけど、PuTTYの設定を書くとこがなくて怖いです、ということでここに書く。…

momonga.vim #5

巨体と独特の体系が特徴の海水魚氏から「レポート記事はいつだ」と圧力をかけられまして、とりあえず脳内ストリームを起動してdumpしたやつを貼り付ければいいんじゃないの、というわけで書いています。普段私は別段Vim Scriptを書くわけではなく、vimrcの編…

記録

やはりツイッテレーというものはstreamであり、日々の記録を書いてあとから読み返すというのには向かないなあというわけで、日記を書こうという気持ちに、たまにはなるわけです。 それは他の人のブログでよい日記を見た時に衝動的に沸き起こるもので、まあすぐしぼ…

登る、振り返る

ふと思い立ってたまには日記を書いてみようと思った。 しかしいきなりだが「日記」とはなんだろう。年に1,2回しか書かれない、継続的に書かれていないものを日記として良いのだろうか。しかしもし「年記」とか「期記」とした場合、その間の事柄を振り返って…

momonga.vim #6に行けません

きっとこういうオフィスでやります。 ドワンゴの新オフィス「歌舞伎座タワー」のリア充感がすごかった - NAVER まとめ

momonga.vim #2 に行っていません

行っていません。

momonga.vim #3 に行ってきました

Q. 既にmomonga.vim #4が終わっているのですが、それでもレポートが成り立つと思っているんですか? A. お使いの時空間が最新ではありません。最新の時空間へアップデートすることをお勧めいたします。 はじめに momonga.vim #3に行ってきました。(2ヶ月半ぐ…

momonga.vim #4 に行ってきました

momonga.vim #4に行ってきました。 momonga.vim #3に引き続き2回目の参加です。前回は完全にvimがわからず、sudo yum install vimから始まりました。 前回のおかげでvim自体は入れられましたが、元々使用しているエディタはemacsです。vimを立ち上げても、「…

wgetでhttpsに接続すると証明書エラー

ハマったので書いておきます。 環境 CentOS 6.5 現象 $ wget https://bitbucket.org/ringo/hogehoge/downloads/hoge.tar.gz --2013-12-05 19:27:59-- https://bitbucket.org/ringo/hogehoge/downloads/hoge.tar.gz bitbucket.org をDNSに問いあわせています.…

2013

そらはさんの記事Looking back at 2013を見て良いなと思い、マネ|パクリ|オマージュしました。 以前2013年第1四半期を振り返るという記事を書いており、四半期ごとに書ければよいと思っていたのですが、私の人生で3ヶ月の期間にあえて言うようなイベントはそ…

FAX画像で学ぶMathematicaワンライナー画像処理

FAX Advent Calendar2日目の記事です。 FAXをやっていくということなので、Mathematicaで例の画像をいじり倒して見たいと思います。 画像の読み込み まずはMathematicaで画像を読み込みます。 img = Import["https://dl.dropboxusercontent.com/u/330501/res…

Mathematicaで任意画像の輪郭を数式に変換する

330個の1000次方程式によるまどかマギカ pic.twitter.com/QnuOhXQfiT— りんご (@aomoriringo) November 27, 2013上記のような、任意の画像の輪郭を数式に変換するプログラムを紹介します。 発端 Wolfram|Alphaには「Person Curve」と呼ばれる類の検索結果が…

あとでちゃんと記事にするけど、とりあえずこのgifを見てくれ

Linux虚航船団

筒井康隆「虚航船団」をパロディしてみました。 原作はあまりに長いので、萌え絵で読む虚航船団の文章を参考にしています、合わせて読んでみてください。 - 第一章「コマンド」まずviが登場する。彼は気がくるっていた。キーバインドが間違っていたためにい…

2013年第1四半期を振り返る

勉強会編 1/10 - 1/12 第54回プログラミングシンポジウム link 1/19 第5回チューニンガソン link 1/20 第7回スタートHaskell2 link 1/25 第1回分散システム本読書会 link 1/26 TypeScript勉強会 link 2/3 第1回PFAD読書会 link 3/1 第2回分散システム本読書…

Mathematica基礎文法最速マスター

Aizu Advent Calendar13日目の記事です。さて、13期生というロートルがいったい何を書けばいいのかと思い悩んでいたのですが、TwitterのTLにたまにこんな文章が流れてきます。 「会津大、なんでいまだに関数型言語の授業ないの・・・」 「Prologすらあるのに…

Fabricで多段ssh

Fabricで多段sshした上でコマンド実行させることができたので、書いておきます。 環境 Python 2.6.6 Fabric 1.5.1 (paramiko 1.9.0, ssh 1.8.0) サーバは全てCentOS 6.3 やり方は.ssh/configに書かれたProxyCommand設定を読み込む方法とFabricのenvをいじる…

2012年夏のプログラミング・シンポジウムに参加してきました

2012年夏のプログラミング・シンポジウム 会場の様子 参加人数約160人と大変盛況でした。会場の後ろにはオーム社,オライリー・ジャパン,翔泳社という、このようなイベントに来る人がいかにも好きそうな出版社が書籍販売をしていました。(私も大好きです。)…

第3回 スタートHaskell2に参加してきました

第3回 スタートHaskell2 - [PARTAKE] 今回はがんばったぞ! すごいHaskellたのしく学ぼう!作者: Miran Lipovača,田中英行,村主崇行出版社/メーカー: オーム社発売日: 2012/05/23メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 13人 クリック: 490回この商品を含むブ…

第2回 スタートHaskell2に参加してきました

第2回 スタートHaskell2 - [PARTAKE] 最近趣味で触っていたHaskell、気になっていた勉強会についに今回はじめて参加することができました。 すごいHaskellたのしく学ぼう!作者: Miran Lipovača,田中英行,村主崇行出版社/メーカー: オーム社発売日: 2012/05/2…

Aizu.LT::Tokyo #1に参加してきました

勉強会レポートを残していこうと思い立ったので、駄文ではありますが。 Aizu.LT::Tokyo #1 Partake Aizu.LT::Tokyoという地名が2つも入ってもはやわけがわからないことになっている勉強会に参加してきました。 この勉強会は会津大学でライトニングトークをや…

プログラミングHaskell 第7章 高階関数

前章に比べるとレベル上がった印象。 import Data.Char(chr, ord, isLower, isUpper) -- 7.1 基本概念 twice :: (a -> a) -> a -> a twice f x = f (f x) -- 7.2 リスト処理 map :: (a -> b) -> [a] -> [b] map f xs = [f x | x <- xs] map f [] = [] map f …

Wolfram AlphaでFizzBuzz

数ヶ月前にこんなツイートをしました。Wolfram AlphaでFizzBuzzできた! → Map[ReplaceAll[GCD[#,15],{15->"FizzBuzz",3->"Fizz",5->"Buzz",_->#}]&,Range[100]]— りんごさん (@aomoriringo) 10月 11, 2011 今更ながら、ちょっと解説記事を書こうと思い立っ…

プログラミングHaskell 6章

演習問題の6だけ「?」が残りました。foldrとか使うんだと思うんだけど・・・ どうやったら簡略化できるんだろ? -- 6. 再帰関数 -- 6.1 基本概念 factorial :: Int->Int -- factorial n = product [1..n] factorial 0 = 1 factorial n = n * factorial (n-1)…

プログラミングHaskell 5章

リスト内包表記はMathematicaで慣れてるのでサクサク通過。 -- 5. リスト内包表記 import Data.Char(isLower, isUpper, ord, chr) -- 5.1 生成器 concat :: [[a]] -> [a] concat xss = [x | xs <- xss, x <- xs] firsts :: [(a,b)] -> [a] firsts ps = [x | …